失恋きっかけで、うつ病。克服して、心理カウンセラーになりました。

ビリーフとは? ビリーフって何? ビリーフってどうやってできて、どんな種類があるの?

京都心理カウンセリング 心理カウンセラー 塩澤順哉です。

今日は、「ビリーフ」のお話をします。

「ビリーフ」ってカタカナで書いて、Google翻訳してみます。
すると、こんな感じで出てきます。

【名詞】 belief 綴りはこんな感じです。

  • 信念
  • 所信
  • 信条

と出てきます。

【動詞】 believe ビリーブ 信じる

こっちの方がなじみがある単語でしょうか。

これが、名詞になると、ビリーフになるようです。

このサイトでは、信念 とか、思い込みと呼んでます。

信念や、思い込みって本当に色んなものがありますね。

例えば、僕の持っている信念はこんな感じです。

  1. 凄く周りにいる人に恵まれている。
  2. 出会う人に恵まれている。
  3. 人生はいい方向に進んでいる。
  4. 自分が諦めない限り、ほとんどのことは達成できる。
  5. 自分にとって必要なことが、必要なタイミングで起こっている。
  6. カウンセリングに来てくださる、クライアントさんの人生は良くなって行く。
  7. 人は幸せに生きて行くことができるものである

もっと上げれば色々ありますが、ざっとあげるとこんな感じです。

こんな風に思ってたら、多少辛いことがあっても、幸せに生きて行けそうですね。

だけど、僕もうつ病だった時にもこんな風に思っていたかというと、そんなことありません。

  1. 近々死んでしまうに違いない。
  2. きっと自殺して死んでしまう。
  3. 死んでも、誰も困らないようなそんな存在だ
  4. あまり生きている価値も無い。
  5. 人生はとても辛いものだ

こんな風に思って、よく、「死にたい」そう思っていました。

 

どちらがイイとか悪いとかいう話しではありません。

実際に、僕はこんな風に感じていました。

ただ、そんな信念を持っていたという事実があるわけです。

 

このことから何か気づきませんか?

 

そうです。信念って変ることがあるんです。

これは非常に重要なことなので覚えておいてください。

「信念は変る。」

いい悪いは、ちょっと横に置いておいて、信念は変るものなのです。

 

そして、話しを戻します。

信念にもこんな風に色んなものがあるのですが、

今日ここで、お話しする信念のことをさっき出した

  1. 凄く周りにいる人に恵まれている。
  2. 出会う人に恵まれている。
  3. 人生はいい方向に進んでいる。
  4. 自分が諦めない限り、ほとんどのことは達成できる。
  5. 自分にとって必要なことが、必要なタイミングで起こっている。
  6. カウンセリングに来てくださる、クライアントさんの人生は良くなって行く。
  7. 人は幸せに生きて行くことができるものである

こういうものと、分けるために、ビリーフと呼びます。

 

ここで言う、ビリーフとは、人生に影響を与えるような、

それも、特に、幼少期に身につけた、制限となるような思い込み、

正確に言うと、リミッティング(制限する)ビリーフのことを、ビリーフと呼びます。

 

例えば、こんな感じです。

何かができる私は、大切(重要)だけれども、

何かができない私は、大切(重要)ではない。

このようなビリーフのことを、【自己重要感に関するビリーフ】と呼んだり、

【重要であってはいけない】と呼んでいます。

(もちろん僕もこんな思い込みを強く持っていました。

そして、程度の差はありますが、日本人なら誰でも持っています。)

 

このビリーフは、間違っていますね。

そう、あなたは、何かができるから大切な存在であって、

何かができないと、大切な存在ではない。

そんなことはありません。

人は誰でも、無条件に(何かができても、できなくても、そういうことに関係なく)

大切な存在です。

 

だけど、小さい時に、何かができた時だけ褒められて、

何かができないといつも、怒られると、子供のあなたは、そんな風に思って当たり前です。

 

無条件に大切にされた経験がないから。

小さい時に、そういう体験をしてないので、仕方ありません。

 

なので、僕は親の育て方が悪かったと、ずーーーっと親を責めてきました。

だけど、そんな事をしても、何ら問題も解決しませんでした。

誰もとってもいいことはありません。

それも事実です。

じゃーどうしたらいいのか。

さっき僕の信念が変ったように、ビリーフも変えればいいんです。

そうすれば、問題は解決できます。

 

ただ、小さな頃に身につけて、これまでやってきた、慣れ親しんだその方法。

急に辞められるかというとそれも難しい。

そこで、僕が出会ったのが、ビリーフチェンジ というカウンセリングです。

 

ビリーフをチェンジ(変える)カウンセリングがあったんです。

初めて聞いた時、ビリーフっておいしいの?って感じだったし、

書き換えられると聞いてもあまりピンと来ない部分もありました。

だけど、なるほど!なるほど!それはそうだと思ったし、

僕はその、ビリーフチェンジを受けてみる事にしたんです。

その結果が、最初に書いていたように信念が変りました。

 

勿論、1回でそんな風になれたわけではなく、

何回か受けていく間に徐々に変っていきました。

そう。最初にも出て来たようにビリーフって変るもんなんです。

そして、意図して、変えて行くこともできるんです。

 

ここまでが、ビリーフの特徴という感じですね。

次はどんな種類があるのかという話しをしていきます。

無料メール心理学講座の登録はこちら

お名前 【必須】例:塩澤 順哉

メールアドレス【必須】例:kyoto-c@gmail.com

うつ病克服の京都心理カウンセリング、カウンセリングの申込

カウンセリングの お申し込みはこちらからどうぞ。 ↑

東京、大阪、名古屋、京都、神奈川からお申込み頂いています。