うつ克服体験記

イヤイヤ星人の取説:好きか、イヤかに反応してる人ってこんな感じ。

投稿日:

京都心理カウンセリング 塩澤順哉です。

今日は、イヤイヤ星人のトリセツ。というお話をさせていただきます。

イヤイヤ星人とはこんな感じの人です。
・ご飯は、ラーメンとカレーとどっちがいい?って聞くと。
どっちもイヤ!「餃子!」

・美容院、ネイルサロンに行くときは、
事前予約は【イヤ!】→【当日予約】でしょ!

・ちょっと先の予定を聞かれると。
「そんな先のことを聞かれても予定なんてわからない!」

・飲み会など。座る位置は、すぐに立てるような場所。
ーー奥の席は絶対に【イヤ!】

すごく最近もこんなことがありました。
友人がコワーキングオフィスを始めるということで。
【固定席】をおすすめされ。
なんかちょっと「楽しそう」な話をされたので、
「わかった!固定席で!!」と二つ返事。

しかーし。

その場所に、実際に行ってみると。

1、席が決まっている。←当たり前ですね。「固定席なので。」
(2、自由席の方が天井が高い。)
(3、自由席の方が窓が大きい。)

という理由で。
ごめん。やっぱり固定席→自由席に変えてもらいました。

最初から「固定席」って書いてあって。
席は【固定】ってわかってるのに。
なんか友達が楽しそうに話してくるから「いいよー」って言ったのに。

やっぱり【固定席はイヤだ】
もぅ何やねん!最初から固定席っていうてるやろ!
っと言いたくなると思うのですが。

僕が、運営者ならこんな自分勝手なお客さんは、本当に【イヤ】ですね。

この【イヤイヤ星人】のトリセツについてお話ししていきます。

僕の友人を長いことやってくれている。
器の大きい。お友達にとっては。
今更言われなくても【知ってたよーーー】
それが「しおちゃんやん?」っていう暖かい言葉が聞こえて来そうなのですが。

あなたの周りにも。
いますよね?きっと。

もう。何度言っても日報を書かない部下。みたいな。

ちょっとでも、僕みたいな「イヤイヤ星人」と
少しでもストレス少なく過ごせるようになる人が増えてくれたら嬉しいです。

さて。イヤイヤ星人が日々どんな風に生きているかというと。

これは【好きか、イヤかの反応】によって生きています。

ちょっと思い出してみてください。

友人は、固定席の話をしてきました。
その時に、友達は「とっても楽しそーーーに。」話してくれたんです。

僕は、すると心の中で。
「あれ?何か楽しそうやーーー。好き❤️」ってなりました。

「固定席ね、楽しそうだから、そこにするよー」
っていう感じでお返事をしたわけです。

が、実際にその席に言ってみると。
1、席が固定されている← 何度もいいますが、あまり前の話です。。。
(2、フリー席の方が窓が大きい。)
(3、フリー席の方が天井が高い。)

という理由で、やっぱり【イヤ!】って言い出したんです。

普通に考えると。
「えーーーー」あんた何言うてるの?!
最初から固定席って言うてるやん!
固定がイヤなんやったら、自由席にしなさいよー!
だいたい、あなた「固定が大嫌いで、自由が大好きだよね?」
何で、固定を選んだん?
「固定」って理解できますか。
動かない。決まってる。席のことを固定席と言いますよー。

って言いたくなりますね。

でもね。「好きか、イヤかの反応」で生きている人にとっては。
友達が楽しそうに話してくれた。
この、「楽しい気分」に反応しているんです。

だから、こんなに自由を求めている人のはずなのに、
「固定席」を選んでしまったんです。

これが、【イヤイヤ星人】の心の動きです。

読んで見ていただいていかがですか?

「ふぜけるな!!!」

という声が聞こえて来そうなので。
どうしてこんなことがおこってしまうのか?
ということについて知っていただくことで。
少しだけでもこの【イヤイヤ星人】に対する理解を深めて頂ければと思います。

この【イヤイヤ星人】の話を聞いて、あなたは何を思い浮かべましたか?

そうです。3歳ぐらいの小さい子供です。

この【イヤイヤ星人】というのは、
まぁ簡単に言うと、小さい時の反抗期が心理的に完了できていない状態です。

そこに対して、理屈で。どうのこうのという話をしたところで。
小さい時の反抗期をまだ終わらせられていないので、
理屈でもって何とかしようとしても、難しい。
ということを、まず理解することがその第一歩になります。

押さえつけて、上から言ったりすると。
「拗ねる。余計に言うことを聞かない」
というようなことにしかなりません。

なので、できるだけ「自由にさせてあげる。」
「楽しそうに関わってあげる」
ということが、とっても大事になってきます。

この記事は、お友達のカウンセラー 岡井さんが書かれた記事です。
https://ameblo.jp/okai0801/entry-12467589360.html?fbclid=IwAR2CILmtHvXmlxaxNHQh_pfDjhK0rytZiKSIrZ_ManfQafvlLOwIaDWyeFo
岡井さんは【イヤイヤ星人】を「反応型」と呼んでいます。

ここまでの話だと。なんだか
【イヤイヤ星人】ってネガティブなことばっかり。。。
というような感じですね。

ですが。そんなことないんです。
もちろん、あまりよくない方向にこの【イヤ】のエネルギーが出ると、
こんな風に約束していた事と違う!

というような風に進んで行くのですが。

この【イヤイヤ星人】のいいところが「好き❤️」にあります。

子供だと、好きの中に「勉強」が入った時には猛勉強❤️になったり。

これは、僕がこの前その友人のオフィスをオープンさせることになった時の話しなのですが。

僕は、物を作ったり。修理したりするのが「好き❤️」なんです。

なので、その新しくできるオフィスの「家具を作る」作業。
これを毎日、毎日。深夜までお手伝いしていました。

僕はそういうのが「好き❤️」だからやっていただけのことなのですが。
友達にはとっても喜んでもらって。

【イヤ!】に入ると、自分で選んだことなのにやっぱり【イヤ】と言い出す。

とっても、エネルギッシュで、好きと思ったことは、
とことんやっちゃいます。

だから、この「好きか、イヤかの反応」をよく観察してみて。
好きに入るように伝える。
そんな風にしてみると、とってもエネルギッシュに
働いてくれます。

いかがでしたでしょうか?

イヤイヤ星人のトリセツ。
少しはは知っていただけましたでしょうか?

カウンセリングではこんな風に、
相手のタイプに合わせてどんなコミュニケーションを取るといいのか?
みたいなお話もさせていただきます。

イヤイヤ星人は、心理学の言葉でお話すると、
受動攻撃型適応タイプ:おどけた反抗者
というように呼ばれます。

パートナーやお子さんがこの、イヤイヤ星人タイプでどう対応したらいいのか。とってもストレスになっている。

そんなこともお気軽にご相談ください。

LINEから、「イヤイヤ星人読みました」
って送って頂ければと思います。

  • この記事を書いた人

京都心理カウンセリング:塩澤順哉

20代のほとんどを「うつ、心療内科通い、求職中状態」で過ごす。 心理学を学び、カウンセリング(ビリーフチェンジセラピー)を受けることで凄く元気になったことから、カウンセラーになることを決意。 このサイトを通じて、20代働いたことなくても、こんなに元気になった人がいる!ということをまず知って欲しいという思いでこのサイトを運営しています。 詳しくはこちらから

-うつ克服体験記

Copyright© 京都心理カウンセリング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.