失恋きっかけで、うつ病。克服して、心理カウンセラーになりました。

お休みの日にのんびりできない。「くつろぐな」「安全を感じるな」という思い込みについて

京都心理カウンセリング 心理カウンセラー 塩澤順哉です。

今日は、お休みの日にのんびりできない。

風邪を引いて休んでいるのに、仕事が気になって気持ちが休まらない。

ということについてお話しさせていただきます。

あなたは、お休みの日、のんびりと過ごすことができますか?

もしくは、休みの日も予定を詰めすぎて、疲れている。でも、休めない。

そんな風にはなっていませんか?

先日、休職しているのに気持ちが休まらない。

ということについてお話しさせていただきました。

その中で、「くつろぐな」という思い込みのお話をさせていただきました。

休職中、というわけではなく、元気に仕事をしていたとしても、

この「くつろぐな」という思い込みを持っている方はとても多いんです。

こんな感覚はありませんか?

 

のんびり、だらだらできなくて・・・。

のんびりすると罪悪感を感じてしまい・・・。

横になって体をやすめることはできるが、心理的にくつろげなくて・・・。

ついついがんばってしまい・・・。

そして、いつも疲れている。

でも休めない。。。

たとえ、風邪を引いて会社のメンバーが早く家に帰らせてくれたにも関わらず。。。

 

こんなことになっていませんか???

 

今日は、お休みの日。だけど、仕事で疲れているはずなのに、いつも予定を詰め込んでしまう。。。

そんな、あなたは、この「くつろぐな」という思い込みがある可能性が高そうです。

それって、そんなに問題なの?と思われた方もおられるのではないでしょうか。

この思い込みを強く持っていると、

常に過緊張の状態であるのは、何となく想像できますね。

結果、首や肩のコリというのが、身体症状として出てくるというケースもあるんです。

マッサージにどれだけ通っても改善されない首や肩のコリ。

それは単に、体の疲れということはなく、心理的な原因から来ているのかもしれません。

あなたがもし、何年も、マッサージに通ったり。接骨院に通ったり。

半身浴をしてみたり。肩コリグッズの研究家のようになっても、改善しないのであれば、

それは、「くつろぐな」という思い込みが、体の緊張を作り。

その結果が、肩、首のコリに繋がっているとしたら。

それは、マッサージや、接骨院でどうこうなるものではなさそうですね。

対処療法として、マッサージや接骨院に行くということを否定したいわけではありません。

ただ、もしあなたが、その首や肩のコリに悩まされて。

仕事のパフォーマンスが下がったり。

お休みの日に趣味を楽しめなかったり。

接骨院や、マッサージに行く時間やお金を考えた時に。

慢性的な体調不良や疲労感。

また、風邪を引いたり、病気になって休んでいるのに、気持ちが休まらない。

 

こういった感覚、「くつろぐな」という思い込みは変えることができます。

心理的な課題にアプローチして行くことで、根本解決が可能です。

 

いかがでしたでしょうか?

肩や首のコリもひどくなると、頭痛がするということもあります。

 

いかがでしたでしょうか?

この「くつろぐな」という思い込みは、「安全を感じるな」とも言われています。

危険がないように、絶えず警戒していないといけないような環境が幼少期にあった場合。

大人になってからもその感覚が抜ける事なく、無意識のうちに、いつも「危険がないように」

と心の中で思っているというのが、この思い込みの根本にあります。

 

「くつろぐ」「安全を感じる」ということに、何かブレーキがかかっているという感じ。

解決すると凄く楽になりますよ。

風邪を引いて休んでいるので、ゆっくり休んで治したいと思っている。

だけど、気持ちが休まらなくて。

結局回復しないまま、また仕事を頑張ってしまい。

気がつけば、また風邪を引く。

これしんどいですよね。

そして、頭でわかっているけれどやめられない。

カウンセリングではこういう無意識に続けてしまっている悪習慣をやめることができます。

 

休みの日に、体調不良の時に、安全安心を感じて。ゆっくりお休みする。

そういう状態になることはできます。

 

お気軽に、お問い合わせ頂ければと思います。

[cta id="1975" vid="0"]