失恋きっかけで、うつ病。克服して、心理カウンセラーになりました。
助けてと言えない

「助けて」その一言が言えないという悩み

京都心理カウンセリング 塩澤順哉です。

今日は僕の小学校1年生ぐらいの時のすごく辛かったお話です。

以前、母に聞いた事があります。

「小学校1年生ぐらいの時に、勉強しなさいって物差しで叩いたりしたの覚えてる?」

母は「ポカン」としてました。

「そんなことあったっけ???」って言ってました。

僕の頭の中には、

「叩かれた事」

「母の母校に中学入試で絶対に合格すること」

それを凄く強要されたという思いがありました。

でも、母からするとそんなに言うたか???

っていう感じでした。

「あんたが、そんなにそれで苦しい思いしたなら悪い事したなぁ。」

反省している様子は伝わってきましたが、

母は本当に覚えてないんだ。とその時気付きました。

僕は、この母親に叩かれたというテーマだけで。

本当に何回も何回も色んなワーク、カウンセリングを受けました。

で、色々クリアになったと思っていたのですが。

実は残ってたものがあったんです。

「母に叩かれた時、父に助けてって言えなかった」

これでした。

何故これに気付いたかというと。

最近、人生的に体験したことがないような困りごとが発生しました。

色んな解決方法がある中で、

助けて!って僕が言ったら助けてくれるんだろうなって人は何人か思い浮かびます。

でも、僕はその選択肢を取ろうとしないんです。

確かにハードルのあることなのですが、

助けてくれるだろうという人がいることはわかります。

だけど、たった一言。

「助けて」が言えない。

あぁこれ。小学生の時のお父さんに言えなかったことだ。

だから、こんなに助けてって言えないんだ。

書いてて泣けてきました。

「お父さん助けて」そう言えたら。

「お婆ちゃん助けて」そう言えたら。

もし、タイムマシンがあったら、あの時の僕にそう言っていいんだよって教えてあげたい。

カウンセリングをしらない僕がそれに気付いたらそう思ってただ後悔するだけだと思います。

でもね。

今の僕にはタイムマシンよりも強力な、技術があります。

簡単に紹介しますね。

椅子か座布団を用意します。

そこに、

「助けてって言えない子供の自分を座らせます。」

どんな表情をしてますか?

こんな風に声をかけてあげてみてください。

「助けてって言って良いんだよ。僕に助けてっていってごらん」って。

やばい。自分で書いてて泣いてしまいました。。。

タイムマシンはないけれど。

人の心とというのは勿論傷付くこともあるけれど。

自分でその傷を癒す力も持ってるんですね。

だから、今の自分は傷付いた自分が一番どうして欲しかったのか。

世界で一番の理解者というわけです。

だから、その世界で一番の理解者である現在の自分が。

椅子に座った過去の自分に話しかけるんです。

何となく雰囲気は伝わりますでしょうか?

 

これ。毎日やるといいと思います。

椅子や、座布団がなくても、目を閉じてイメージの中でやっても構いません。

大人になった自分が、

その時、1番我慢したこと。言えなかったことを変わりに言ってあげるんです。

「助けてって言っても大丈夫だよ。何があっても、私が助けるからね。」

こんな風に大人になってから、

上手く人間関係が気付けない。

自分の気持を話せない。

というようなことには、過去の体験や思い込みがその原因になっています。

1、本当の原因を知る。

2、原因を根本から取り除く。

この2つのステップで必ずどんな悩みを解決できます。

 

ここまできたらほぼ終わりなのですが、

最後に大事なポイントがあります。

それは、「実際に、やってみる」ことです。

僕の場合、

「助けて」って言ってみることです。

勿論、無理だ。できません。というお返事が返って来ることもあるかと思います。

でも、最後に一歩踏み出さないことには、

残念ながら現実は変りません。

今のままです。

傷が癒えれば、言いやすくもなるし、

受け入れてくれる人を見分けることもできます。

最後に一歩踏み出すのは本当に大事なことですね。

 

カウンセリング受けようか。

どうしようか。悩んでいる方の何かヒントになれば嬉しいです。

 

 

毎月5名様限り
特別価格で初回カウンセリングを実施しています

セラピーを多くの方に触れてもらいたい
セラピーでどんなことができるのか知ってもらいたい

そんな思いから、毎月先着5名様に限り、
初回カウンセリングを
通常価格24900円→14900円で
ご提供させていただいています。

7月分【満席】
8月分【満席】
9月分【満席】

ただいま10月分の募集を受け付けています。【残り4名】

お申し込みはこちらからどうぞ

うつ病克服の京都心理カウンセリング、カウンセリングの申込

カウンセリングの お申し込みはこちらからどうぞ。 ↑

東京、大阪、名古屋、京都、神奈川からお申込み頂いています。