うつ病Q&A

うつ病再発率が高い理由は【寛解(かんかい)】。これです。

京都心理カウンセリング 塩澤順哉です。

今日は、うつ病再発率が高い理由を3つの要素から徹底検証してきます。

うつ病の再発率については、60〜70%とも言われています。

何でこんなに、再発率が高いのか。
答えを先にお伝えしますと、再発した訳ではなく。
症状が和らいだ状態を治ったと判断していたから。

これが正解です。

うつや、精神的な病気についてお医者さんのお話を聞くと、
よく「寛解・緩解(かんかい)」という言葉が出て来ます。
この状態を、治った。というように多くの方は認識しています。

精神的な病気については、治ったと言わず、「寛解(かんかい)」とよく言います。

正直、僕はこの表現。すっごいズルイ表現だと思っていました。

この、寛解の意味を調べて見ます。

全治とまでは言えないが、病状が治まっておだやかであること。

という意味が出て来ます。

そうなんです。全治とは言ってない。
病状が治って、おだやかになっている。

こうなったことを治ったと、思っているケースがほとんどです。

「一旦症状は治りました。」ってことですね。

これは、
1、自己判断で勝手に治ったと判断した。
2、医師の指示じ従わず、通院や投薬をやめた。
3、根本的な問題が解決できていなかったので、再発した。

というようなことが挙げられます。

この、寛解状態 と、 根本的な問題が解決できた。

ということは、全く別物です。

症状が和らいだ。
根本的な問題が解決できた。

これは全く別物です。

うつ病を克服していくには、
正しい知識を持つことが、何よりも大切です。

  • この記事を書いた人

心理カウンセラー:塩澤順哉

うつを克服して好きだったことを取り戻すカウンセラー 塩澤順哉 うつになったことで好きだった仕事、育児、料理、趣味ができなくなった方へ。 自身がうつを克服して、カウンセラーとして200名以上の相談実績。 最短3ヶ月で病院にかかっても改善されなかったうつを克服するサポートをしています。 詳しくはこちらから

-うつ病Q&A

© 2022 心理カウンセラー 塩澤順哉 Powered by AFFINGER5