「薬は万能」ではないかも?と思ったあなたへ

うつ病克服における薬物治療の3つの落とし穴

更新日:

京都心理カウンセリング 心理カウンセラー 塩澤順哉 です。

うつ病治療における薬物治療の3つの落とし穴についてお話しします。

  • 3人に1人は回復に時間がかかります。
  • 偽薬と効果が変わらないケースがあることがデータとして発表されている。
  • 副作用という落とし穴 〜未成年者への投薬による自殺率の上昇〜

時間がかかる。ってどれぐらい?うつ病の治療は3人に1人は回復に時間がかかる

最初に投与された抗うつ薬で寛解(治療したわけではないが、症状が消えて回復すること)に至ったのは、

20〜35%にとどまっているということです。

また、効果が無ければ、3ヶ月ごとに抗うつ薬を切り替え、

4種類の抗うつ薬を試して、1年後に寛解に至ったケースが、ようやく3人に2人であった。

ということです。

十分な量の抗うつ薬を、十分な期間(6〜8週間)投与したにもかかわらず効果が得られなかった時には、

他の薬剤に交換することが必要になります。

他の薬剤を追加するよりも、種類を変更することの方が、

治療の負担を減らし、メリットが大きいとされています。

ただし、大うつ病だけをとってみても、単剤投与だけでは、

十分効果が得られない症例がかなりあるということです。

 

 

  • この記事を書いた人

京都心理カウンセリング:塩澤順哉

20代のほとんどを「うつ、心療内科通い、求職中状態」で過ごす。 心理学を学び、カウンセリング(ビリーフチェンジセラピー)を受けることで凄く元気になったことから、カウンセラーになることを決意。 このサイトを通じて、20代働いたことなくても、こんなに元気になった人がいる!ということをまず知って欲しいという思いでこのサイトを運営しています。 詳しくはこちらから

-「薬は万能」ではないかも?と思ったあなたへ

Copyright© 京都心理カウンセリング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.