失恋きっかけで、うつ病。克服して、心理カウンセラーになりました。

インナーチェンジングセラピー 大阪トレーニング1期

インナーチェンジングセラピー 大阪トレーニング1期 1日目

京都心理カウンセリング 塩澤順哉です。
2018.4.1から開講された、大阪トレーニングに参加して学んだことを
お話しさせていただきます。

このトレーニングコースは、
「基礎講座」卒業生が受講できる上級講座のことです。
回数は、全24回、月1回なので、2年間のトレーニングになります。

記事の主旨としては、
講座内での学びを落とし込む目的ですので、
こんな視点で塩澤は普段講座受講しているという感じです。

沢山学びがあったのですが、
その中でも講師の倉成先生にしてみた質問についてお話しさせて頂きます。

1、倉成先生は、再決断療法を勉強するために大学院に進学されたということですが、
大学側から、断られたにも関わらず、受験し続けたのは何故ですか?

 

講座の内容としては、
インナーチェンジングセラピーについてということなのですが、

僕はこういう人としての在り方の方が、
遥かに大切だと思っています。

それはやっぱり、僕のカウンセリングに来られる方は、

どこかで諦めているような姿勢が見えたりすることが
よくあるからです。

そして、過去の自分自身も、色んなことを諦めて生きてきたからです。

大学側から再決断療法以外のテーマに変える気はないのか?
と聞かれたら、僕なら「わかりました。変えます。」

って言ってしまうと思いました。

いや。絶対そんな風に言ってしまいます。

こういう、普通の人なら諦めてしまうような状況であっても、
諦めないという姿勢を取る。

また、目標が達成できるように勉強し続けるという姿勢というものは、
インナーチェンジングの技術を学ぶ事ももちろん大切だけれども、
そういう生き方やというもののが、人に伝わる。
ということが本質的に大切なことなのではないかと感じました。

インナーチェンジングセラピー 大阪1期トレーニングは

まだ始まったばかりなのですが、
この講座はまた僕の人生にとって、

大きな影響を与えてくれそうです。

凄く素敵な講座に参加させて頂くことができたなと感じました。

[cta id="1975" vid="0"]