カウンセラーの個人的な経験

瞑想中に饅頭で一体感を感じてボロボロ涙がでてきた話し。

投稿日:

京都心理カウンセリング 塩澤順哉です。

最近、瞑想をはじめました。

瞑想って面白いですね。
これで合ってのかな?って思うのですが、今日も涙がボロボロ出てきて。
今も凄く温かい気持ちになっています。

今日はそんなお話をさせて頂きます。

床に座って。
深く呼吸をして。
鼻を通る空気の感覚に意識を向けてみます。

何回か深呼吸を続けて。

すると、今日は、お饅頭が頭の中に出てきてしまって。

あぁダメだ。饅頭のことは考えるな!
もっと呼吸に意識を向けて!

そう。そしたら、また鳥の声も聞こえてくるはず!
なんてことを頭の中で何度も何度もやるのですが。
どうしても、頭から饅頭が離れません。。。

あぁ失敗したのか。。。
っと思って。何とか饅頭を頭の中から消して。
呼吸に。呼吸に。とやるのですが。
やろうとすれば、するほど、別の饅頭まで頭の中に出てきて。

諦めました。

饅頭にフォーカスする事にしたんです。

その饅頭は、クライアントさんからお土産に頂いたものが頭に浮かんでいました。

その事に気づいた途端に、ボロボロっと涙が出てきて。
あぁ。あのお饅頭に色んな思いが詰まってたんだなぁーって思いました。

そうすると、そのクライアントさんのことが頭に思い浮かんできて。
もぅそこからは、なんか、号泣ですね。

このお饅頭を買った時、どんな思いで買ったんだろうとか。
その時に、側に誰がいたんだろうとか。
お土産物やさんまでどんな道中だったんだろうかとか。

何かもう勝手に、そのお饅頭1つで。
そのクライアントさんの人生と繋がった感じがしたと言いますか。

最初に僕の所に来てくださった時。
どんな不安な気持ちだったかとか。
どんな思いで来てくださったのかとか。
続けて受けてみようと思って頂いた時どんな気持ちだったのかとか。

ありがとうございます。って普通に受け取ったけど。
お饅頭を頂いた時に、涙が出るぐらい僕が嬉しかった事だったりとか。

そんなことを想像すると、そのクライアントさんの家族と繋がったような感覚にもなって。
それから、なんかもっと大きな。一体感みたいな感覚が出てきて。
何と繋がって一体感を感じているのかもよくわかりませんが。
とにかく、地球と繋がるというと大きすぎる話ですが。

だけど、クライアントさんとそのご家族。
それからその人生と繋がったような感覚になると。
その感覚は、地球と繋がっているようなそんな感覚になりました。

あっお饅頭1つでこれだけのものに繋がれるんだ。
っていう感覚を涙が教えてくれたような気がして。

でも、この感覚をどう言葉にしたらいいのかもわからないし。
こういう経験をしたこともないので、なんか不思議な一体感みたいな感覚でした。

瞑想って本当に不思議だなぁー。
なんて思ってたんです。

そんな話を友達にしたら、凄く上手にできてるんじゃない!
って言われて。

何でそんなことできるのかな?って思ってたんです。
そしたら、そういえば、中学、高校と授業の前に、
「起立、礼、黙想」これが1セットになってたことを思い出しました。

その時は、「黙想」って何?って思ってたのですが。
もしかしたら、静かにただ呼吸だけをするということを結構な数やってきていたので、
それが瞑想というカタチになってもサッと入れたのかな?
なんて思いました。

その時に、意味があると思えなかったことも、何十年も経って、
こんな風に役に立つことがあるんだなぁーって。

中学、高校の時は学校が大嫌いだったので。
ちょっとまた母校に対するイメージが書き換わった瞬間でもありました。

瞑想って本当に面白いですね。
ちょっとカウンセリングにも近いものがあるなって最近思うようになりました。

また瞑想体験についても書いていってみようと思います!

  • この記事を書いた人

京都心理カウンセリング:塩澤順哉

20代のほとんどを「うつ、心療内科通い、求職中状態」で過ごす。 心理学を学び、カウンセリング(ビリーフチェンジセラピー)を受けることで凄く元気になったことから、カウンセラーになることを決意。 このサイトを通じて、20代働いたことなくても、こんなに元気になった人がいる!ということをまず知って欲しいという思いでこのサイトを運営しています。 詳しくはこちらから

-カウンセラーの個人的な経験

Copyright© 京都心理カウンセリング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.