ビリーフチェンジセラピー とは

父に伝えたい。元うつ病ニート息子の思い

投稿日:

京都心理カウンセリング 塩澤順哉です。

今日は、家族のお話です。

66歳の父。
元学校の先生。
多分、どこにでもいるフツーのおじちゃんだ。

定年退職後の再就職で色んな所に仕事に行っているみたいだ。
退職後、楽しそう働いているのが伝わってくる。
僕はそれがとても嬉しい。

今の仕事が、どんな仕事か詳しくは知らないけど。
琵琶湖の水質調査をしたり。
琵琶湖に船を浮かべたり。
水中で動画を取って、魚の数を数えたり。
話を聞くだけでそんな、平和な仕事があるの!?
ってビックリするぐらい楽しそうな感じで話してくる。
父から楽しい仕事の話を聞くのは初めてかもしれない。

父は、40年近く中学校の理科の先生をしていた。
バレンタインのチョコを生徒から沢山もらってきていた。
ってことは、きっと生徒から好かれてたのかな?っと思う。

そんなことを総合して考えてみると父はきっと。
・普通のおっちゃん!
・奥さん(母)と子供が2人(僕と弟)
・孫が2人(甥っ子、姪っ子)
・退職前は学校の先生。
・今は、琵琶湖の魚を数えるアルバイト(すごく楽しそう)

あっ、大事なことを忘れていた。

今、使っているパソコンの充電器が壊れた時に修理してくれた。
macの充電器は高価なので凄く助かった。
しかも、壊れた時の為の予備の充電器まで作ってくれた。
そう思うと、結構優しいイイ父だと思う。

他にも、ドリルで穴を開けて、車のバックカメラを付けるのを手伝ってくれた。
作業中、内装を父の手で破壊されるというアクシデントもあったが。
それもいい思い出。

そんな普通のおっちゃんだと思うけれど。
ちょっと優しくていいところもあると今は思う。
だけど、そんな父が大嫌いだった。

何で嫌いかというのは、
「悪の王様」の手下だと思っていたからだ。
ちなみに、悪の王様は母だ。

それはこっちの記事に詳しく書いている。

悪の王様=母
悪の王様の手下=父
という両親に育てられたと思っていたが、
36歳独身の僕を心配をしてくれているんだろうなぁ。
というようなことも感じることがあった。

20代をうつ病ニートだったから心配しているのか。
それとも、父自身の経験から来る話をしているのか。

掛け捨ての、がん保険の更新をしないか?という話しをしてきた。
保険の話をやたら、あぁでもない。こうでもない。
と言ってくる。僕も一応保険には入っていると話した。
だからそんなに興味もないと、何度も言った。
ちょっと喧嘩になりそうになりつつも。
嫌な顔をして話を聞いていた。

わかりにくい、オチのない話をやたら長々としてくるのはいつものことだけど。
いつもに増して長い話をしてくる。しかも保険の話し。
正直僕は鬱陶しいなぁと思っていた。
途中で「わかった」って言わないと話しが終わらないやつだと気づいた。
保険の金額もそんなに大きくなかったので、承諾した。
しかも、両親が払ってくれるとのことなので。
これも両親からの愛情だと思って受け取ろうと思った。

随分、前置きが長くなってしまった。
何でこんなにも、父が保険。保険とうるさく言うのか。
僕にはこの時よくわかっていなかった。

だけど、話を聞いていくと、
父は、自分が新たに保険に入れないということをボソッと言った。
「それでか!」と納得した。

父は、先生をしている時にウツで休職していた。
合計で何年か休んでいたと思う。
それで、今でもクリニックに通っている。
だから保険に入れないんだろうと思った。

ちなみに、僕も20代の時に、通院と投薬治療を受けていた。
だから、数年前に保険に入る時、以前に通院していたクリニックに
最後の受診日がいつか電話で確認した。
それで、保険に入れることになった。

長々と、父の話をしてしまった。
自分のサイトをどんな風に運営していくのか。
そのことをここ数年ずーっと悩んでいた。

そうだ。父に向けて書いてみよう。
そう思った。父は元学校の先生。
元、うつ病ニートの長男なんていうのは頼りない存在で。
何の仕事をしているのかもきっとわかってない。

そういう感じが伝わってくるから、
両親に、心理の話をしようとするのを諦めていた。

これからは、そんな父にも知ってほしい心の話をしていいてみようと思う。
ただ、サイト上でいくらいいことを書いても、父が読むわけがないことも
わかっている。

だから、とにかく、このサイトのアクセスがものすごく集まって。
ものすごく役に立つサイトになることがとっても大事だと思った。
それから、このサイトの内容が書籍化されて。
父の手に届く。

これぐらいのことがないと、
多分、僕の仕事の話なんか興味を持たないだろうなぁと思う。

きっと父は今楽しく働いているんだと思う。
だから、別に無理に、心理の勉強をしてほしいとか。
薬をやめてほしいとか別にそんなことは思わない。

だけど、ちょっとだけ、僕がどんな風に元気になっていったのか。
知ってほしいなぁとも思う。

そして、学校の先生が心の悩みで休職するというのは珍しい話ではない。
きっと京都の中でも沢山の先生が休職していて。
それを支える家族も大変な思いをしていると思う。

うちは、母が専業主婦だったからその点でもすごく大変だったと思う。
家族がウツになると。
特に大黒柱が一本で。
その大黒柱がお休み状態になるというのはとってもキツイ。

大黒柱がそんな状態だった時、母が大変だったのは理解できる。
ただ、胃潰瘍で入院していた僕に対して、
「こんな大変な時に入院して、一体どれけお金がかかるんだ!」
と病室のベッドで寝ている時にそんなことを言われた。

この人は本当に母親なのだろうか?
と僕は思ったけれど、母はそれぐらい追い詰められていたんだと思う。
こんな風に家族がウツになるということは、
周りの家族もとっても大変だ。

この母の発言は多分、僕は一生忘れられないと思う。
でも、言った方は覚えていない。

こういうことが本当に毎日毎日繰り返されているわけだ。
だから、僕は1つでも。そういう家族を減らしたい。
そういう先生を減らしたい。
僕みたいな思いをする人を減らしたい。
そう思っている。

僕は、師匠に出会って、幸運なことにウツから抜け出して元気になった。
師匠との出会いがなければ、今もウツだったと思う。

そう思うと、1人の人との出会いが人生を大きく変えることってあるんだなーって。本当にそう思う。

だから僕は師匠のような存在になりたいと思ってやってきた。
うつのあなたにとって、そこから抜け出す鍵になれる。
そう確信している。

師匠に出会ってから、とにかくメチャクチャ勉強しまくった。
心理学の本を読んで。
セミナーに行きまくって。
海外まで研修にも行った。

そんな色んな、学びや経験を父に伝えられるように。
それから父と同じようなことで悩む先生。
大黒柱がお休み中の家族に。

とにかく、心理学のことを知ることで、正しい知識を持つということをしていってみていただきたいと思いました。

  • この記事を書いた人

京都心理カウンセリング:塩澤順哉

20代のほとんどを「うつ、心療内科通い、求職中状態」で過ごす。 心理学を学び、カウンセリング(ビリーフチェンジセラピー)を受けることで凄く元気になったことから、カウンセラーになることを決意。 このサイトを通じて、20代働いたことなくても、こんなに元気になった人がいる!ということをまず知って欲しいという思いでこのサイトを運営しています。 詳しくはこちらから

-ビリーフチェンジセラピー とは

Copyright© 京都心理カウンセリング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.