うつ病の疑問:全てスッキリ解決します!

【要注意】8つのうつ病になりやすい人生で大切なライフイベント

更新日:

こんにちは 京都心理カウンセリング 心理カウンセラー の 塩澤順哉です。

人生においてうつ病になりやすいライフイベントについてお知らせします。

  1. 職場の配置転換のあと(昇進、転職、就職など)
  2. 子どもたちが結婚、婚約、遊学という形で家を出て行く時
  3. 家族のメンバーがなんらかの理由で家から出ていったり、逆に入ってきたりするとき。(死亡、別居、誕生、同居人の増減など)
  4. 生命にかかわらぬ程度の身体病、あるいは負傷によって、生活パターンが変わるとき
  5. 心理的負担が急激に増加するか、逆に急に軽減するとき
  6. 出産のあと
  7. 居住地の移動または改変(転居、改築、留学、帰朝)
  8. 愛着する人、物事、あるいは財産をめぐる喪失体験(心理学の言葉で、対象喪失と言う)

上記8つのライフイベント、人生におけるタイミングがうつ病になりやすいタイミングとして上げられています。

いかがですか?何か思い当たるようなことはありましたか?

このようなタイミングでカウンセリングを受けに来られる方は実際に多いです。もし、あなたが上記のようなタイミングでうつ病になったとしたら、それはあなただけが特別にそうなったということではありません。そのようなタイミングでうつ病はやってくることが既にわかっています。

うつ病は必ず解消することができるものです。一人で悩んでいませんか?もし、あなたが、上記のタイミングでうつ病になったなら。うつ病のきっかけとして上記のようなタイミングだったなら。一人で悩まずに。ご相談ください。

 

  • この記事を書いた人

京都心理カウンセリング:塩澤順哉

20代のほとんどを「うつ、心療内科通い、求職中状態」で過ごす。 心理学を学び、カウンセリング(ビリーフチェンジセラピー)を受けることで凄く元気になったことから、カウンセラーになることを決意。 このサイトを通じて、20代働いたことなくても、こんなに元気になった人がいる!ということをまず知って欲しいという思いでこのサイトを運営しています。 詳しくはこちらから

-うつ病の疑問:全てスッキリ解決します!

Copyright© 京都心理カウンセリング , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.