失恋きっかけで、うつ病。克服して、心理カウンセラーになりました。

ゴキブリ恐怖症が克服できました。凄い効果を感じました。

京都心理カウンセリング 心理カウンセラー 塩澤順哉です。

恐怖症のカウンセリングに感想を頂きました。

クライアント様からは、
恐い、気持ち悪い、逃げ出したい、吐き気がする、叫びたくなる
強度としては非常に強い、恐怖症なのではないでしょうか。

結果がどうなったかは、クライアント様に頂きました
感想文を是非読んでみてください。

これが、カウンセリングの現場で起こっていることです。

以下クライアント様から頂きました感想です。

EFTを始めて受けました。

私の今回のテーマは、「ゴキブリ恐怖症」を克服する・・・でした。

セッション前に測定した感情への数値は、

  • 怖い・・・12
  • 気持ち悪い・・・15
  • 吐き気がする・・・10
  • 逃げたくなる・・・10
  • 叫びたくなる・・・10

この数値は、「10をマックスに」、

と言われましたが、

私のゴキブリへの感情は、10を超えていました。

そして、それぞれ、こんな感じでした。

そして、アイフォンで、ゴキブリの画像を出して、

それを、見て、ゴキブリへのストレスを感じ、

それを基準に、セッションでどれだけこの、数値が変化するかを、見ていきました。

 

1回目のセッションをするまでは、

アイフォンのゴキブリ画像を、

50センチほど離れたところから見ても、

目をそむけたくなり、体は硬直し、

「気持ち悪い」を連発。ストレスは、最高潮でした。

 

 

こんな、私も、タッピングするだけで、

本当に、ゴキブリが大丈夫になるんだろうか?と、

半信半疑な状態で、1回目のセッションが始まりました。

 

 

特定のツボを、トントン叩きながら、

塩澤先生のおっしゃる言葉を繰り返して、

たぶん1セッション2分~3分くらいで修了しました。

 

そのあとに、

ゴキブリの画像を見ても、なんだか不思議、大丈夫な気がする。

 

そう思って、アイフォンを手にすると、やっぱり無理!!

鳥肌が立ち、気持ち悪いがいっぱいでてきて、

アイフォンを投げてしまいました(笑)。

( ↑ 投げられたのは、塩澤のiPhoneですw)
その時の数値は、このように変化しました。

  • 怖い・・・2
  • 気持ち悪い・・・2
  • 吐き気がする・・・0
  • 逃げたくなる・・・1
  • 叫びたくなる・・・0

そして、ほぼ、大丈夫になるまで、4セッションしていただき、

最終的に、このような数値になりました。

 

  • 怖い・・・1
  • 気持ち悪い・・・1
  • 吐き気がする・・・0
  • 逃げたくなる・・・0
  • 叫びたくなる・・・0

感想としては・・・EFTって、不思議~って感じです。

何が不思議かというと、「やってもらった感がない」と言うのが、

一番適切な表現でしょうか。

 

マッサージや整体みたいな、「やってもらった~!!」っていうのが、

好きな人は、残念でしょうが(笑)、効果だけを着目するのでしたら、

EFTで十分それは実感できます。

やってもらった感がないのに、効果があるという、なんとも、不思議な治療法です。

 

 

塩澤さんのお人柄も、なじみやすく、緊張せずに、受けれましたし、

何より、

私の心の仲の叫びを、言葉にして、上手に、表現してくださることだけでも、癒されました。

 

私たちの頭の中には、こうやって、

言語化されずに、頭の中でゴチャゴチャ思うだけで、

外に出ていかない「思考」っていうのが、あって、それを、言葉にしてあげて、

「あ、こんな気持ちあったんだ」って、

認めてあげるだけでも、随分楽になることがわかりました。

 

 

あのあと、塩澤さんに教えてもらったEFTを、

日常に活用していますが、今のところ、

坐骨神経痛が、7→4くらいになっています。

「気のせいかも知れない」と、疑い深い私は、日々続けていって、実験中です。

他にも、イヤなことがあったら、

すぐに、EFTをしていますが、引きずることが少なくなりました。

 

「こんなイヤなことも感じている自分を深く認めて、受け入れます」

と、言葉にしただけで、とても気持ちが楽になるし

、気持ちが楽になるってことは、

どれだけ自分は、自分に厳しくしていたんだ・・・って、気付きました

これも、無意識の領域で、自分を律していた自分の癖に、

言語化することによって、気付いたことの一つです。

 

あと、塩澤さんが、本当に、EFTが、

好きなんだな~って、感じました。

本当に好きで、効果を実感していて、そして、本人自身が使いこなせている。

 

どうせ、やってもらうなら、自分のやっているセラピーに、

そうやって、愛情をもっているセラピストに身をゆだねてみたいと思いますし、

実際、塩澤さんの「EFTで良くなる!」という、

自信が伝わってきて、それだけでも、もう、治った気分になります。

それが、セラピストに一番大切なものかもしれません。

 

ちなみに、このセッションをする前の目標は、

「ゴキブリが怖いけど、眺められるようにな
りたい」でしたが、この後、ゴキブリに遭遇していますが、

前ほど、ギャーギャー騒がずに、冷静に眺めれるようになりました。

38歳 女性 自営業 京都府綾部市在住

 

【しおさわ コメント】

素敵な感想ありがとうございます。

いかがでしょうか。

これが恐怖症に対するカウンセリングだ!

というような、凄くわかりやすい感想を頂きました。
重ねてお礼申し上げます。

EFTが好きかどうかと言われると。だんだん好きになったという感じです。

毎日続けると、人生本当に変わってきたんです。

クライアント様に頂きました感想のように、僕は今でも自分にほぼ毎日EFTをしています。

それは、やっぱり嫌な気持ちになることがあるからです。

人間だものですね。

他人にイライラしたり、上手くいかないことにぶち当たったり。
生きているとやっぱり嫌なことなんて出てきます。

いつもいいこと考えてばかりいられるわけでもないし。

ここで大事なポイントがあるとしたら。

【諦めない】これが一番大事なことです。

クライアント様を見ていても感じることです。

短期間で、元気になっていかれるクライアント様に共通していることがあるとしたら、諦めずにコツコツとダメでもつづけてやってみる。

ちゃんと自分の欲しい人生に近づいていかれるクライアントさんを
見てると、そんな共通点が見えてきます。

だから、僕が言いたいことは、絶対諦めない欲しい。
続けてください。

1日1回、お風呂の中ででも、自分の感情に向き合う時間。
難しいものは、カウンセリングに来てみてください。
諦めない限り、絶対手に入ります。

どんなに長い雨でも、どんなに長い夜でも、

止まない雨がないように、明けない夜がないように、
必ず変われる日が来ます。

人は変われます。

変わりたい方、お気軽にお問い合わせください。
全力でサポートすることをお約束します。

無料メール心理学講座の登録はこちら

お名前 【必須】例:塩澤 順哉

メールアドレス【必須】例:kyoto-c@gmail.com

うつ病克服の京都心理カウンセリング、カウンセリングの申込

カウンセリングの お申し込みはこちらからどうぞ。 ↑

東京、大阪、名古屋、京都、神奈川からお申込み頂いています。