失恋きっかけで、うつ病。克服して、心理カウンセラーになりました。

”うつ”で頭痛や胃痛などの身体症状がでることがあるの? 知られざるうつ病の身体症状を明らかに

”うつ”で頭痛や胃痛などの身体症状がでることがあるの? 知られざるうつ病の身体症状を明らかにします。

京都でカウンセリングをお探しなら、 うつ うつ病専門のカウンセリング

京都心理カウンセリング 心理カウンセラー 塩澤順哉です。

 

 

激しい頭痛が続いたので、うつ病を疑って精神科へ行こうか。

 

こんな風に考える人はまずいないでしょう。 頭痛だと内科または、脳についての専門医のいる所に行く。   もし、受診した、内科や脳の専門医が

「検査の結果、問題は見つかりませんでした」

と言われたらどうするでしょう。

 

 

実は、からだの症状で始まるうつ病というのは多いんです。

 

 

僕自身の経験としても、からだの症状から始りました。   20歳の春のことです。もう10年以上前のこと。

 

 

ある朝、まだ薄暗いのにも関わらず目が覚めた。

何か変だなっと思った。 身体のどこかに違和感があることにすぐ気づいた。

お腹の辺りが痛かった。

 

 

しばらく横になっていれば治るかな。 そう思ってしばらく横になっていた。 空が少し明るくなってきた。

だけど、お腹の痛みは減るどころか強くなる。

それでも、我慢していたがどうしても痛い。 当時、同居していた祖母にお腹が痛いと伝えた。

最初は、そんな大げさな!と笑われた。

朝、痛みで目ががめたこと。

どんどん痛くなる事。

呼吸をするだけでも辛いぐらい痛い事。

 

 

とにかく痛い。 と言ったところ、病院に行ってきては?

 

ということで、痛いお腹を抱えながら

 

近所の総合病院まで自転車で向かった。 3分もかからない道のりをノロノロと。

 

 

診察が始まるまでイスで座って待ってくださいと言われ。

痛すぎるので、横になれないかと聞いてみたところ、

横になるれるベッドを案内された。

 

診察が始まるまで凄く不安だったのを覚えている。

 

持ち物は、家のカギ。携帯電話と保険証とお金の入ってない財布と。 診察が始まって、まずは検査だと言われて、

内蔵のエコー検査をした。が特に問題なし。

レントゲン撮影をした。が特に問題なし。

 

 

ついには胃カメラを飲む事になった。

 

辛かった。 胃カメラを口の中に突っ込まれながら。

 

お医者さんが、 これ見えるか?とか、

あぁこれはアカンなぁ。

結構出血してるわ。

とかそんな声が聞こえてくる。

 

これで検査は終ったようだ。

さっさと薬を出してもらって帰りたい。

 

 

そう思ってやっとの思いでいきついた診察室

医者はただ決定事項をこう伝えた。

 

今日から1週間入院だから。

 

 

入院に必要なものだけ取りに帰って。

そういうと、空きベットを探す内線電話を始めた。

僕は医者にこう言った。

 

入院なんかしません。帰ります。

 

勝手に空きベッドなんか探さないでください。

そう言って、診察室を出ようとした。

が、医者の話しが始まる。

 

君はわかってないみたいだけど、

身体には凄くストレスがかかっている。

 

このまま家に帰ると倒れることになるでしょう。

1週間入院して、点滴をして、食事もお粥と言っても、

最初は、3分粥と言って、お米は入ってないようなものからです。

そうしないと、治らないよ。

と医者は冷静に僕に話した。

 

 

どうしても入院は嫌だ。と言い張った。

 

だけど、医者は絶対に折れない。

入院しか選択肢はないという態度を絶対変えない。

という気合いに負けた。

そして、1週間の入院。

 

 

退院時にまた恐怖の胃カメラを飲んで退院はできることになった。

 

うつの症状が出たのは、その2か月後。

 

朝目は覚めても、首から下が動かなかった。

最初は、夢かと思ったが、身体が動かない。

布団から出て、ベッドに座るだけでどれだけ時間がかかったことか。

急に身体が動かなくなった。

 

電池の切れたスマホみたいだ。

 

全く何もやる気がでないし、そもそも身体が動かない。

 

これは僕の個人的な経験です。

このように胃痛からうつが始まるのも、教科書の通りと言えばそうだ。

  • 慢性的な疲労
  • 頭痛
  • 胃痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 動悸
  • 高血圧に低血圧
  • ぜんそく
  • 呼吸の苦しさ
  • じんましん
  • 便秘
  • 下痢

うつ病になるとこのような身体症状が出ることがある。

 

また、うつ病の初期症状としてこのような症状が出ることもある。

 

原因不明の身体症状は、うつ病を疑ってみる必要もある。

 

このようなことも一つ知識として持っておいて頂けるといいかと思う。

 

また、心理的な要因がその身体の痛みに起因している場合がある。

 

そのような時にはカウンセリングでその症状を解消できる。

 

怒り、誰かに腹が立つというような気持ちを抑える。

 

悲しみや、恐れの感情を抑えることが身体的な症状が出ることがあります。

 

僕がカウンセリングで体感した、身体症状の変化というと、

 

身体が凄く軽くなったこと。

視線が上がった事。

 

この2つは本当に凄い変化を感じました。

 

心理的な要因がある、身体症状はカウンセリングで解消できます。

一度、お気軽にご相談ください。

 

全力で解決することをお約束します。

毎月5名様限り
特別価格で初回カウンセリングを実施しています

セラピーを多くの方に触れてもらいたい
セラピーでどんなことができるのか知ってもらいたい

そんな思いから、毎月先着5名様に限り、
初回カウンセリングを
通常価格24900円→14900円で
ご提供させていただいています。

7月分【満席】
8月分【満席】
9月分【満席】

ただいま10月分の募集を受け付けています。【残り4名】

お申し込みはこちらからどうぞ

うつ病克服の京都心理カウンセリング、カウンセリングの申込

カウンセリングの お申し込みはこちらからどうぞ。 ↑

東京、大阪、名古屋、京都、神奈川からお申込み頂いています。