失恋きっかけで、うつ病。克服して、心理カウンセラーになりました。

1秒でできる過換気症候群、過呼吸の対処法。紙袋を探す前に試してほしいたった1つのこと

1秒でできる過換気症候群、過呼吸の対処法について書きました。

7年間うつ病を経験しました。

その経験を活かしカウンセリングをしています。

うつ病で苦しんでいる人に、僕の経験と、そこから学んだ事がお役に立てば

という思いで記事を書いています。

京都心理カウンセリング 心理カウンセラー 塩澤順哉です。

 

今日は、過換気症候群、過呼吸の対処法についてお知らせします。

答えは簡単です。

「目をしっかり開けて、天井を見る。」

コツは何があっても目を閉じない! これだけです。

 

一度だけ、過換気症候群(過呼吸)になったことがあります。

その時は本当にビックリしました。

意識とは関係なく、呼吸がどんどん早くなっていくんです。

人から話しかけられたりすると、

何とか答えなきゃと思って、必死になると質問には答えられる。

その程度だったので、まだ軽いものだったのかもしれません。

過換気症候群・過呼吸の症状としては、

  • 呼吸は勝手に荒くなるし、
  • 意識で何とかしようと思ってもできないし、
  • そのうち手足がしびれてくるし。

知識としては、死ぬ事なんてないとわかっていました。

だけど、凄く怖い体験をした。

死ぬんじゃないだろうかと思いました。

過換気症候群(過呼吸)は時間が立てば治まっていきます。

ただ、なってみると、思った以上に苦しい。

また過換気症候群(過呼吸)になりそう。

風に思うだけでも相当イヤです。

 

終ってみれば何て事ないのですが、

過換気症候群(過呼吸)を経験するとわかるあの感覚。

 

カウンセリングに来られる方の中には、過呼吸を経験されている方。

過換気症候群・過呼吸持ちだという方もおられるかと思います。

そんな方も安心してください。

僕のこれまでの経験では、

落ち着いた声で、

「大丈夫ですよ!目をしっかり開けて天井を見てください」

私:「郵便番号言えますか?」

クライアントさん:「604-1234」です。

 

私:「今度は、逆から言ってみて」

クライアントさん:「よん? さん? に? いち? ですか? あれ? その次は何だろう?」

 

というようなやり取りなんかをすると、その場の対処法ですが、

換気症候群・過呼吸になることは抑えられます。

 

あくまでも対処法であって、根本的な解決にはなりません。

ただ、対処法としては、有効だと思ってます。

 

もちろんそれをやっても、って場合は、次の手段をという感じで、

EFTのタッピングポイントを使うとか、

色々他にもやり方はあるのですが。

過呼吸の対策としては、目を開けて、目線を上げる。

 

それだけでも、過換気症候群・過呼吸には効果があるはずです。

 

落ち着いた対応をする事も大切ですね。

 

目を開けるのは何故かというと、

外側の世界に、意識を向ける為です。

そして、目線を上げた状態で、ネガティブなことを考えようと思っても、

なかなかできないですよね。

 

過換気症候群・過呼吸になるということは、

脳の中で何かしらストレスがかかるような記憶にアクセスしています。

そんな記憶にアクセスしようとすると、

一瞬かもしれませんが、必ず目を閉じています。

目を開いて、今ここにアクセスをする。

是非一度試してみてください。

紙袋をを探すよりも、早くて、簡単にできると思います。

 

先日セミナーで知り合った、医療系のお仕事をされている方に、

目を開けて、目線を上げてもらうというのをやってみてはどうですか?

僕はカウンセリング中に、クライアントさんがそんな風になったら

そんな対応します。

というようなお話しから、この記事が生まれました。

 

あくまでも、自分がカウンセリングの中で使う対処法ということです。

だけど、効果があると思います。

 

その方法をお伝えした方にも、その方法が効果的だったかどうか、

追跡してみたいと思います。

 

カウンセリングをしようとすると過換気症候群・過呼吸になりそうだから。。。

そんな方でも安心して受けて頂けます。

 

そんな安心を作った状況の中で、根本から問題を解消していくカウンセリングをしていきます。

 

過換気症候群・過呼吸になりそうで心配。

そんな心配がある方はそんな事も事前にお話しください。

全力でサポートさせて頂くことをお約束します。

無料メール心理学講座の登録はこちら

お名前 【必須】例:塩澤 順哉

メールアドレス【必須】例:kyoto-c@gmail.com

うつ病克服の京都心理カウンセリング、カウンセリングの申込

カウンセリングの お申し込みはこちらからどうぞ。 ↑

東京、大阪、名古屋、京都、神奈川からお申込み頂いています。