失恋きっかけで、うつ病。克服して、心理カウンセラーになりました。

うつ病のきっかけにもなるどんなトラウマも解消魔法の3ステップ 〜あなたは悪くない〜

うつ病カウンセリング 京都心理カウンセリング 心理カウンセラー 塩澤順哉です。

うつ病のきっかけにもなりうるトラウマを解消するための3つのステップについてお話しします。

トラウマとは、何のことなのでしょうか?

強いストレスを伴う、恐怖体験のことです。

代表的な例を上げると、

  • 交通事故
  • 水難事故
  • 医療事故
  • 大けが、手術
  • 難産
  • 失恋
  • いじめ
  • 体罰
  • 身体的/精神的/性的虐待
  • 厳しすぎるしつけ
  • DV
  • レイプ
  • 死別/離別
  • 愛着の喪失

ということが上げられます。

人が危険を察知して「怖い、不安」の感情を感じると、

自律神経の中でも、交感神経が活性化を始めます。

 

そして、

脳内にはアドレナリンが放出され

心拍数、呼吸を上昇させ、

体中の筋肉(主に四肢)に血流を集中させます。

こんな時には脳に血液を送っても仕方ないので、頭は真っ白な状態です。

全身にエネルギーがチャージされた状態になります。

 

こうして、

「逃げる」もしくは、

「闘う」という次に取る行動に向けて備えます。

 

「逃げるか」か「闘うか」の反応のことを防衛反応と言います。

 

その後、

危険に対して「逃げる」もしくは「闘う」という選択をし、

危険に対する対処が成功した場合には、

防衛反応で全身に蓄積されたエネルギーは、

「逃げる」もしくは「闘う」という行動によって、消費されます。

そして、自律神経のシステムによって、副交感神経が優位になり、

ほっと、ため息が出たりして、落ち着きを取り戻すという流れです。

 

 

【上手くいけば】 これで終わりです。

 

 

ところが、

自律神経システムの自己調整能力の限界を超えるような

恐怖に圧倒されるようなことがあると何がおこるでしょうか?

 

人は、自律神経システムの自己調整能力の限界を超えるレベルの恐怖に襲われると、凍り付いてしまいます。

パソコンがフリーズしてしまって、動かなくなるように、

凍り付いて固まってしまいます。

凍り付きと共に、

自律神経システム、心、身体がともに凍った状態で解離してしまい、

「逃げる」 か 「闘うか」の防衛反応を最後まで完了することが出来なくなってしまいます。

 

 

そうです。

「逃げる」 か 「闘うか」の為に体中から集めてきたエネルギーが

使われないまま凍ってしまったままになるのです。

 

 

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状や、うつ病の発症が、

原因となるトラウマ体験から

何十年も継続したり、

子どもの頃に経験したトラウマの症状が

大人になってから現れたりするのはそのためです。

 

冷凍庫の中に、忘れてしまった冷凍食品のようですね。

 

カウンセリングでは、この凍り付いてしまった、

エネルギーを放出していきます。

 

ステップが、トラウマを解消するための3つのステップ

  1. 「怖い」の感情処理
  2. 「怒り」の感情処理
  3. 「罪悪感」の感情処理

この3つです。

ただ、そのとき、固まってしまった感情を、リリースするだけです。

ずっと、冷凍したままになっていたものなのですが、

あなたの中に今もまさに存在するものです。

放出することは、怖いことではありません。

身体は、それをリリースするする方法を知っています。

リリース作業を安全なカタチでお手伝いするのが、カウンセラーの仕事です。

私も、何度か、自分自信のトラウマ体験について、

カウンセリングで上記の3つのステップを体験したことがあります。

身体の力が抜けて、無駄な力が抜けて、凄く楽になりました。

 

この3ステップで、どんなトラウマも解消できます。

 

そして、トラウマを克服していく上で一番大切にしていることはこれです。

あなたは悪くない。 その出来事が、耐えられないような大きなストレスだった。

 

僕に3ステップのカウンセリングをしてくださった先生は、

このことを誰よりも信じてくれていたんだと、今振り返って思います。

 

そう。あなたは悪くない。

ここが、このカウンセリングをスタートする上で一番大切なことです。

もう一度言いますね。

 

「あなたは悪くない。」

 

小さな子どもの時に、大人から暴力を受けたりすると、

「私が悪い子だからこんなことに、なってしまったんだ」

そんな風に思ってしまいます。

断言します。それは間違いです。

大切なのでもう一度言いますね。

 

「あなたは悪くない」

 

心の中で、こんな風に言ってみてください。

 

 

「私は、悪くない」

 

 

そう。もう何度か言ってみてください。

 

 

「私は、悪くない。 私は、悪くない。 私は、悪くない。」

 

 

「私は、悪くない」言ってみてどんな感じがしましたか?

 

ちょっと楽になった。

涙が出そうになった。

 

そんな、あなたには、私のカウンセリングが役に立つことは間違いないです。

 

凍らせた、気持ちを宝物に変えるような。

そんなカウンセリングをしています。
「あなたは、絶対に悪くない。」

カウンセリングをする時に、それがどんな悩みでも私はそう信じています。

目の前にいるあなたは絶対悪くない。

 

世界で1人だけ。

心からそう信じてくれる人がいるだけで、

人は変われることを知っています。

 

私が、あなたにとって、その最初の1人になることをお約束します。

 

ご相談、カウンセリングのお申し込みは

下の画像をクリックしてください。

無料メール心理学講座の登録はこちら

お名前 【必須】例:塩澤 順哉

メールアドレス【必須】例:kyoto-c@gmail.com

うつ病克服の京都心理カウンセリング、カウンセリングの申込

カウンセリングの お申し込みはこちらからどうぞ。 ↑

東京、大阪、名古屋、京都、神奈川からお申込み頂いています。