失恋きっかけで、うつ病。克服して、心理カウンセラーになりました。

友達が”うつ病”かも? ”うつ”の友達にあなたができる。6つのこと

友達が”うつ病”かも? ”うつ”かも?っと思った友達にあなたができる6つのこと。

うつ専門カウンセリング 京都心理カウンセリング 心理カウンセラー 塩澤順哉です。

”うつ病”かも? ”うつ”かも?

”うつ”かも?あなたの友達が、家族が、同僚が、大切な人がそうなった時にできること。

  1. 「うつっぽいかもしれない?」っと思ったら、受診を勧める。
  2. ”うつ病”だと診断されたら、病状の理解に努める。
  3. メンタルヘルス担当部署(人事部か総務部など)と相談する
  4. 休職から復職するときは、本人の状況を理解しよういう姿勢を取る。
  5. ”うつ病”や”心の病気”を理解するように、日常から意識をしてみる。
  6. 自殺のサインに気をつける。

 

以上の6つのポイントが挙げられます。

1、”うつ”かも?そんな風に思ったらまず医療機関の受診を勧めてみてください。

無理矢理、病院に連れて行くということはオススメできません。

相手の話しを聴くという姿勢を大切にしながらも、医療機関の受診を勧めてみてください。

2、”うつ病”だと診断されたら、病状の理解に努める。

うつ状態の時は、話しかけられて辛い時もあります。

本人の了解が得られれば、以下のようなことを聞いてみてください。

  • ”うつ”でどういう症状があるのか?
  • ”うつ”をどのように治療しているのか?
  • 充分に睡眠が取れているか?
  • 食欲があるか?
  • 集中力はあるか?
  • 疲れに対する回復力があるか?(仕事など)
  • ”うつ”の症状によってどんな影響があるか?
  • 周囲のどのような対応がストレスと感じるか?
  • 周囲に対して、どんな支援を望んでいるか?

質問に答えたくもない、答えられない時もあります。

”うつ”の本人の様子を見ながら、質問してみることが大切です。

 

3、メンタルヘルス担当部署と相談する。

会社にメンタルヘルス担当部署がある場合には、そちらに相談してみることも大切です。

 

4、休職から復職するときは、本人の状況を理解しよういう姿勢を取る。

休職から復職するというようなタイミングでは、思っている以上にストレスがかかることがあります。

本人も気づかないこともありますし、周囲のサポートが大切なタイミングです。

本人の状況を理解しようという姿勢を忘れずに。

 

5、”うつ病”や”心の病気”を理解するように、日常から意識をしてみる。

意識を向けるということで、手に入る情報は必ず違ってきます。

”うつ”や”うつ病” 心の病気に関する情報に意識を向けるようにしてみる。

それだけで入ってくる情報は全然違います。

意識を向けてみることが大切なことです。

 

6、自殺のサインに気をつける。

  • 「死にたい」
  • 「私なんか、いないほうがいい」
  • 「もう生きていても仕方ない」

このようなことを口走った時には、決して1人にしないでください。

専門家の受診や、専門のカウンセラーなどの専門家に相談してください。

 

以上が、うつ病の友達、家族、同僚、大切な人ににできることです。

いかがでしょうか?
専門家に相談してみるのも大切ですね。

何か気になることがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

無料メール心理学講座の登録はこちら

お名前 【必須】例:塩澤 順哉

メールアドレス【必須】例:kyoto-c@gmail.com

うつ病克服の京都心理カウンセリング、カウンセリングの申込

カウンセリングの お申し込みはこちらからどうぞ。 ↑

東京、大阪、名古屋、京都、神奈川からお申込み頂いています。