失恋きっかけで、うつ病。克服して、心理カウンセラーになりました。

うつ病で最も多い悩み不眠症の3つの種類

うつ専門カウンセリング 京都心理カウンセリング 心理カウンセラー 塩澤順哉 です。

眠れない夜に、寝ないと。寝ないとと思って結局寝られなかった。そんな経験はありませんか?

寝ようと思えば思う程、眠れなくなってしまいます。

それが人間の心の働きです。

うつ病と不眠症の関係についてお話しします。

うつ病で悩んでおられる方の多くは、同時に不眠にも悩んでいることが多いです。

そして、この不眠症にも3つの種類があります。

  • 入眠障害(眠るとき)
  • 中途錯覚(眠っている途中)
  • 早朝錯覚(早朝に目覚める)

不眠症、と言っても、このように分類があります。

このように3つに分けられるということです。

睡眠に関する悩み、不眠症もカウンセリングで解決することができるものです。

カウンセリングに来られる方の80%以上が、

カウンセリングを受けると、疲れるのか、夜はぐっすり眠れるようになりました。

という声を頂きます。

眠れない。これは本当に辛いですね。

特に、眠る前になっても、体の緊張状態が取れないというものが、入眠障害の時は多いです。

こんな時にどのようなアプローチが効果的なのでしょうか?

そうです。心は、体とつながっています。

ストレッチをしたり、するとすっと眠れます。

特に、腕のストレッチが効果的です。

最近、急に暑くなり、寝苦しいですね。

私も、寝付きが悪かったりして、どうしよう。と思うのですが、

そんな時は、ただ、呼吸に意識を向けます。そして、手のストレッチをします。

ここ2年ほど、ヨガをする習慣ができたので、深い呼吸に意識を向けるだけで、体が緩まるようになりました。

ストレッチやヨガは本当に効果があります。

お風呂なんかもいいですね。

しっかり体を緩めて、緊張をほぐしてください。

体は、緩めよう。緩めようと頭で考えても、余計に緊張します。

体を緩める方法は2つです。

  • 深い呼吸をする。
  • 一度、ギュッと力を入れてパッと緊張を取る。

頭で、寝ようと寝ようと思っても、余計眠れないのと同じですね。

眠りに関する悩みもカウンセリングで解決することができます。

眠れないあなた。諦めないで、一度ご相談ください。

私も、うつ病になった時、眠れなくてお薬を飲んでいました。

ですが、今では、夜はスッキリ寝て、朝から動いています。

それは、カウンセリングを受けてできるようになりました。

あなたも、そんな風になれます。必ずなれます。

 

無料メール心理学講座の登録はこちら

お名前 【必須】例:塩澤 順哉

メールアドレス【必須】例:kyoto-c@gmail.com

うつ病克服の京都心理カウンセリング、カウンセリングの申込

カウンセリングの お申し込みはこちらからどうぞ。 ↑

東京、大阪、名古屋、京都、神奈川からお申込み頂いています。